長期優良住宅普及促進Long Life House

 

長期優良住宅とは?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年6月4日施行)により、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建て替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

 
■長期優良住宅に必要な条件■
耐震性

地震に強く、倒壊しにくい安心の家
→耐震等級(倒壊防止)2以上とする。 (確認申請は等級1で合格します)

劣化対策

構造や骨組のしっかりした長く住める家 → 劣化対策等級3+αとする。

維持管理・更新の容易性

メンテナンスの容易な家
→ 維持管理対策等級3とする。
(上下水用点検修理の容易なサヤ管ヘッダー 床下が容易に点検出来る等)

住戸面積

必要な広さが確保された、暮らしやすい家
→ 延面積75㎡以上、かつ主要な居室がある階の面積を40㎡以上。
(最低面積が決まっています)

省エネルギー性

地球にやさしく、家計にもやさしい家
→ 省エネルギー対策等級4とする。
(断熱材、サッシ(ペアガラス Low-Eガラス)等、夏涼しく、冬暖かい家)

居住環境

地域のまちなみと調和した家
→ 地区計画、良好な景観の形成、その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮する。
(地域の約束を守る)

維持保全

「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家
→ 維持保全計画を作成、構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分及び給水・排水設備について、点検時期・内容を定める。少なくとも10年ごとに点検を実施する。
(3ヶ月、1年、2年、5年、10年(←経過後は10年)毎の点検・修理結果を報告。住まいの履歴とする。)