各種工法・装備Technology

株式会社小田製材所がおすすめする、快適に過ごす工法・装備のご案内です。

 

通気断熱WB工法

 

木の家は呼吸をしています

私たちが暮らしている日本の風土は、世界有数の降雨量、一年を通しての高い湿度、夏と冬の著しい温度差という住宅にとって厳しい環境です。
日本の伝統的な在来木造建築は、木の呼吸をおおいに利用した工法です。つまり”木”には湿度が高くなると湿気を吸収、反対に乾燥してくると水分を放出するという、高性能の調湿機能があります。
その”木”の恩恵を最大限に活用できるのが★WB工法★です。

 

W=通気層が2重構造 B=家が呼吸(ブレス)する構造

★WB工法★の”W”とは壁の中に空気の通り道である通気層を2重つまりダブル(W)に設けることを意味します。そしてその構造により家に呼吸させる、つまりブレス(breath)の頭文字”B”を合わせたものです。

■夏■
暑い日には、各所の通気口(ヘルス)が自動的に開き、自然な換気をします。 床下通気口から入り込んだ外気は、床下地面の冷気とともに第2通気層を上昇して、ハットヘルスから排出される冷却層をつくり、家全体に涼しさをもたらします。

■冬■
寒い日には、各所の通気口(ヘルス)が自動的に閉じ、保温効果の高い住まいにします。 第2通気層は保温層となり快適な暖かさを保ちながら、透湿性の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。 冬場の大敵、結露も起きません。

 

薪ストーブ専門店 ファイヤーライフ・姫路

 

揺らぐ炎に心癒される「薪ストーブのある生活」 薪ストーブは太陽の恩恵

陽の光をたくさん浴びて育つ木々は、いわば太陽エネルギーの貯金箱。 成長とともに蓄えられるその期間、様々な出来事に遭遇したはずです。 薪の炎に人々は魅了されます。 柔らかい温かさのわけは、太陽と木々の思い出ゆえかも知れません。 燃やすことで少しずつ溢れ出す。そんな空想に浸る時間もまた一興!

 
VERMONT CASTINGS

数ある薪ストーブの中で、燃焼効率・デザイン性・素材の質の良さ・使いやすさ・環境への配慮・・・、どれをとっても完成度の高い薪ストーブが「バーモントキャスティング」と確信しています。 立ったまま片手で楽に、しかも安全に薪を補給できるよう設計されたこの天蓋=クッキンググリドルでは、ケトルでお湯を沸かしたり、パンケーキやベーコンエッグを焼いたり、シチューをコトコト煮込むなど多くの調理もでき、楽しみが広がります。 ストーブアクセサリーも揃っています。

 

薪ストーブショールーム

㈱小田製材所構内の 「薪ストーブ ショールーム」 には、ドイツのskanthermの薪ストーブ3台を展示しています。
エモーション・フロント603・エレメンツの炎は、魅せられるばかりです。エレメンツシリーズのフロントタイプには、これまでにない最高の燃焼技術を兼ね備えています。
火をおこし、薪をくべ、オレンジ色の炎やパチパチと薪のはじける音を、そして心地良いぬくもりをぜひ体感 してください。

 

casaシリーズ