レンガ積みの家Brick

 

レンガの特徴

 

①地震に強い

レンガ積みの家は地震に弱いと思われていませんか?
そう思っているのは、おそらく南米・南太平洋などで起こった大地震の時にレンガ造りの家がバラバラに崩れ落ちている映像をご覧になったからではないでしょうか?
しかし、あの崩れ落ちているレンガは、ただ積み上げているだけで、鉄筋も入っていません。
小田製材所では、縦横に鉄筋を通しながら積み上げて、構造体と一体化するため地震にとても強いのです。

 

②メンテナンス費用が安い

自然の素材だけで出来たレンガは、1100度以上の高温で焼き上げられ、 セラミック化したレンガは石よりも固くなるのです。そのため経年劣化が少なく、 メンテナンス費用はほとんどかかりません。それどころか、年月を重ねることによりさらに魅力を増していく、 最強の外壁材なのです。

 

③建物が高寿命に

レンガ積みの家は構造体の外部から囲んで積むことにより、 構造体が守られ建物の寿命が大きく延びます。
レンガを積むことにより、構造体に直接温度変化が伝わらないため構造体が劣化しにくいのです。
さらに、レンガと構造体の間に30mmの空気層を設け、空気の循環を良くすることで、壁内の結露、ダニやカビの発生を防ぎます。

 

④断熱性が高い

レンガは70mmもの厚みがあり、遮熱・断熱効果を発揮します。 レンガとの間に空気層を挟んで内側にも断熱材を施工するため二重断熱になります。冷暖房効果が高いので地球温暖化にも、毎月の家計にも優しいエコライフを実現します。

 

レンガについて

当社では、マレーシア産のレンガを使用しています。
約1100℃の高温で焼き上げているため、圧縮・曲げ強度に優れた高品質のレンガです。
豊富なカラーバリエーション(全10種類)で、公共施設から個人住宅まで幅広く使用されています。

 

レンガ積みの集会所

姫路で☆初☆となる、本物のレンガをひとつひとつ積み上げていった、レンガ積みの集会所が完成しました!!
集会所では、ボーラルレンガのアルパインという白レンガをなんと約12000個使用!!
レンガは、あまり積み上げると重みでモルタルが沈むため、1日1m(10段)までしか積むことができません。
1日1m、約12000個のレンガを職人さんが一つ一つ丁寧に積み上げました!
茶系のレンガもいいですが、白レンガもキレイですね☆

 
集会所・外観
-
-
-
 

レンガ積み施工例

H21.3 竣工
H22.3 竣工 
H22.12 竣工
H24.12 竣工 
H25.11 竣工 
H25.12 竣工 
H26.1 竣工
H26.2 竣工
H26.6 竣工
H26.6 竣工
H27.3 竣工 
H27.3 竣工 
H27.3 竣工
H27.5 竣工 
H27.7 竣工 
H27.8 竣工 
H27.10 竣工 
H27.12 竣工 
H28.1 竣工 
H28.4 竣工 
H28.5 竣工